【ハッカ油で虫除けスプレー】メントール効果でいろんなことに使える”ハッカ油”の使い方。

室長
室長

(暑い季節になるとゴキブリと遭遇する嫌な季節…。)

室長
室長

バルサンでも焚こうかな?

かぼちゃ君
かぼちゃ君

室長!良いものがあるぜ!その名も”ハッカ”!

室長
室長

発火?…ああ、ハッカね!

というように、暖かくなると虫たちが活発になります。とても嫌な時期です。それによく効く”バルサン”

焚くのは良いけれど、食べるものや衣類などをしまっておく、洗うことを考えるとすごく手間です。
そこで”ハッカ”がとても役に立ちます。

ハッカとは

ハッカとはハーブの一種である”ミント”になります。和名が”コショウハッカ”。英名で”ジャパニーズミント”と言います。シソ科の多年草で、主な成分がメントールになります。
メントールは殺菌、消臭、覚醒、冷却、虫よけ、清涼、美容と多くの効果があります。
料理でも飲み物やデザートの香り付けなどに使われています。

ハッカ油で虫除けスプレー

で、今回このハッカ油を使って虫除けスプレーを作っていきます。

材料
・ハッカ油 20〜30滴
・スプレー容器
・精製水 100〜150cc
後ろのビールは関係ありません!

これだけで”ハッカスプレー”の完成です!

ハッカスプレーの効能



先に言っておくと、ハッカの成分には虫を撃退する力はありません。虫がハッカの匂いを嫌う。
寄りにくくするという力しかありません。

なのでスプレーを直接ゴキブリにかけたり、一回家中にスプレーを撒く行為をしても効果は薄いかもしれません。継続して使用することにより家の中に害虫が寄りにくくなります。
嬉しいのは他にも効能があるというところです。

・布、畳のダニにも有効
・清涼感があり涼しく感じる
・食品にも使えるものなどで肌に掛けても使える
・鼻詰まりが驚くほどに治まる
・ゴキブリ以外でもアリ・ムカデ・ハチ・蚊にも効果的


私が特に嬉しく感じるのが、梅雨、蒸し暑い時のジメジメした生乾きの匂いの時期にハッカ油スプレーを家中に撒くと気分もスッキリするところです。殺虫成分も無いので安全です。

ただし気をつなければならない事もあります。それが肌荒れや中毒を引き起こす可能性があることです。赤ちゃんや妊婦、犬猫がいらっしゃるご家庭ではスプレーの濃度を調整しましょう。

他にも便利な使い方

掃除では私の家の神器の”SHARK スチームモップ”

このモップ部分?雑巾のところに数滴ハッカ油(原液)を垂らして家中をモップがけすると香りが持続します。ただし、油なので水容器の部分には絶対入れないことです。壊れます。

マスクにかける

今の時代当たり前にマスクをしますよね?そして暑い時期、マスクの中はかなり暑いです。外したくもなります。そこでマスクの外側にシュッっと一吹きするとメントール効果でスーッと涼しくなります。

枕にかけると…

夜鼻が詰まって寝られない。こんな時に枕にシュシュッとかけると驚くほどに鼻が通るようになります。ちなみに鼻が詰まって寝られない我が家の子供がこれをやって鼻詰まりが改善。ぐっすり寝ました。

他にもトイレの芳香剤、消臭代わりに。
殺虫効果は無いものの殺菌効果はOー157を殺菌できる力があるのでキッチン周りの殺菌にも。
夏場はお風呂やレジャーにメントール効果で清涼感を。

これ一本で超万能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました