【結婚おめでとうございます】無責任な応援かもしれませんが貫く美学が大切です

大型カップルが結婚されました。おめでとうございます。
そして同じくそれぞれの人にも多幸があって…。
色恋には良い面も悪い面もあって望んでもそうでなくても人の中にある欲求によって満たすことを求めていきます。それは常に変化を遂げて良くも悪くもカタチを変えていきます。

節目節目といいますが、その節目に「初心」という言葉があります。欲しい何かを手に入れる時のきっかけや欲しいその何かを手に入れた時、課題を持ち達成感に満たされた瞬間、「大事に大切にしよう」こう思うはずです。その気持ちの継続は困難になることもあるでしょう。

何をとっても”貫く美学”このスタンスは大切です

芸を極めることも、歌を歌い続けることも、継続することは本当に難しいですし、簡単ではありません。そして、結婚という契りを交わして生活を共に続けていくことも必ずどこかで衝突があったり簡単ではありません。損得勘定をすることだってあると思います。
私があまり好きではない”仕方がない””頑張る”という言葉はそういったものを解決するのではなく問題をを先延ばしにするだけの行為です。
ただ事情があることは別です。
結婚という響きはしてない人にも憧れであり、している人にも喜ばしく感じます。中には嫉妬する人もいます。それは全てその人達が輝き眩しい”羨ましさ”があるからなのだと思います。

羨ましくずっと思われる、それは魅力でありブレず貫いた人にしか成し得ないものです。
ぜひ幸せに周りの憧れの頂点に君臨し続けて欲しいと願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました