【車の荷台をフローリングに…】ジムニーにフローリングを貼って雰囲気をガラッっと変えます。part2

切り出し、加工編はこちら〜part1〜

はめ込みと仕上げ

元々ついている内張りからフローリング板に変更するために、前回は型取り、カットを行いました。次はフローリング板をどうやって固定していくかでありますが、アイデアとしては、
・リベットネジ
・テープ、接着剤で固定
・クリップの再利用
この辺りでしょうか?今回使用するフローリング板の厚みが6mmと既存の内張りよりも厚みがあり、リベットネジを用いての固定はネジが刺さらず断念。板に加工が必要なのですが、MDF材と言って厚み調整(リベットネジの固定部だけ板を薄く)すると板がむしれてしまうので既存の内張りに付いていたクリップを超強力テープでフローリング板に固定してはめ込みました。

時間と余裕があればL型金具で固定。その方法が一番だと思います。なので今はがっちり固定はしません。

荷台床の加工

家のフローリング材なので実(さね)があるので隅に少し隙間が空く程度にカットしておいていきます。元々貼ってある絨毯と緩衝材の下のボディーは凹凸があります。なのでそのまま据え置くとブカブカするので何か隙間材を入れると良いかもしれません。

絨毯と緩衝材は運転席、助手席まで一枚でつながっているのでカットしました。

真ん中にある穴は後部座席の固定フックの穴です。

据えておいた感じはこんな感じ。
経費は超強力テープの500円です。他すべて”再利用”であります。

このままでも私は満足ですが、やはり縁が切り出しのままというのは閉まらないのでモールのようなもので縁を整えて終えたいと思います。
(完成記事はこちらです)

コメント

タイトルとURLをコピーしました