仕事のことでなんか最近疲れてしまいました

全てがうまく行っていません

私事ですが、最近会社で仕事をすることや過ごす時間がとても疲れるようになりました。
きっとどこかで余裕というものがなくて何をするにしても達成感が感じられません。マンネリという言葉が当てはまっている部分やそうでない部分があります。
そうでない部分、つまり自分で把握しているところはたくさんあります。
・人間関係
・差別
・うまくいかない事がある
・悪い印象しか持てない
・楽しくない、つまらない、悲しい時がある
・向上心が持てない
などなど出せばたくさんあります。分かってはいるんです。自分自身に問題があることも、こういう言い方は好きではありませんが仕方のないことも息を飲んで我慢する。サラリーマンならではのストレスというのでしょうか?

ポジティブにも限界がある?

うまくいかない時やどうしようもない時は別のことを考えるようにしています。自分の趣味や子供のこと家族のこと、友人のこと…酒には逃げません。つまらない時間を過ごすより楽しく明るい時間を想像したり計画することで仕事の時間を乗り切れればそれで良いと考えるようになりました。

が、その思考も限界があります。過ごしている時間は目の前にあってうまくいかないことを通過点として歩んでいかなければなりません。その時間が繰り返されていくうちに気がつけば落ち込みネガティブ思考になっていく…つまり字の如くそんな自分がいます。

何が疲れてしまう原因なのか?

何が疲れてしまう原因になっているのか?その原因を大きく占めているのが人間関係であると気がついています。
自分だけがおかしいのかなと考えてしまう時もありますが、悩んでしまう時は正しくそれです。
人間関係は良いところもたくさんあります。悪いところもあります。
良い部分で言えば尊敬ができる人がいる、好きな人や興味を持てるような人もたくさんいます。
同じくらいに愚痴ばかりをいう人や人の失敗を笑う人、態度に出る人もいます。私自身の良いところでもあり悪いところでもあるお節介や仕方がないと投げ捨てる事ができない人間には、悪い人間関係やスッキリしないことを放っておくことの方が気になって仕方がないです。伝え正すという判断が上手くできない時もあります。実はここが真因なんだろうと思っています。もちろん中には解決が難しいことも仕方ない、どうでも良いと思わず考えてしまうからこそ余計に上手くいかないとかつまらないと判断してしまうのだと思います。

譲れないプライドがあります

放っておくことも動かすことのできない事実、時間をかけなければ解決できないこともあります。その時間は私にとっても相手や仲間にとっても決して楽な時間ではありません。
良くするんだ!』と言って悪くなることもあります。でも悪くなることを望んではいません。最後には良くしていきたいんです。ほとんどに人には正義の心はあるはずです。
上司や周りの人に思われていること、私事ですが、ひょっとかしたら、過去の栄光とか過去を引きずっているだとか思われているかもしれません。現に私はある仕事で一番大きな賞や一番になる成績を収めたことを何度かしましたが、それには何も私自身執着は微塵もありません。だってそれは私だけの成果ではないのですから。周りがバックアップしてくれて頂けた賞です。こういった努力に嫉妬をされる事が一番辛いです。いくら過去の栄光、それを引きずっているように見えたとしても私にとっては原動力になる時だってあります。その事実を汚されたくはないプライドもあります。
そのことを口にする人ほど何も関与していないと思うと恨みたくないことも恨みたくなります。

頑張っている人は評価されずに、ゴマスリや仕事をしない人が評価されている不公平感

最近では疲れる原因にのしかかって、さらに疲れさせられる現実です。
あくまでも人対人なのでこう言ったことは十人十色で見方が変わってくると言えばそれまでですが、もし私がその賞で一番になったことを理由に自分だけが頑張ったと言ったらどうなるかというと賞を取るために時間を作って頑張ってくれた人は評価されません。同じことです。だからその時私は協力してくれた周りの人にできる還元ができたことや、今でもお付き合いしてくれたりしていることに感謝しています。ひねくれているかもしれませんが評価をされるのなら同じ仲間の中で評価を共有したいと思っています。

どんな時も”疲れた”と言って絶対自分を見失わない事

一番言いたいことは自分本位で物事を語る人、事情ではない個人の都合で動こうとする人が発言したことを理解せずに許されてしまうことです。全てではありませんが私の会社には保身に走る人がとても多いと感じています。火に油を注いで延焼させた後に結果をどうこう言う人。人も会社もこれでは潰れてしまうのではないか私なりに思います。少数派ではありますが、私は保身に走ることなくしっかり私自身が良し悪しを言い続けられるよう区別できる人でありたいと、それが私の長所だと思いブレずに存在し続けていたいと思います。ただ、本来は普通に仕事をして普通に過ごしていたら余計なエネルギーロスはありません。

でもそのエネルギーを使わずして後悔、それだけは私自身絶対に避けたいと思っています。それは仕事だけではなく家に帰ってきても遊ぶ事、宿題にしても妥協することはこの上ない”損”だと気持ちの中に根付いているからです。根付かせてくれた周りの人に対しても失礼なことです。

お金を稼ぐことも、何かを習得することも得意な人、苦手な人はいます。ただ時間だけは同じ1秒1分と誰しもが同じです。できないことをやろうとするよりも今自分が落ち込みそうな時はできることや楽しいことに目を向けて自身が豊かになることを優先して冒頭にあるように”疲れる””上手くいかない”ことに対してのエネルギーを蓄える、そして還元できるように今はそのバネを圧縮する時期なのだろうと今は考え、難しい解決のできないこともいつかはバネを解放して飛び越えられる問題として我を見失うことなく強くならなければならないと思います。
いろんなことに対して言えることです。

ピンチはチャンス

大きな方が自分自身に返ってくる反動は大きいと最終的にはポジティブに捉えて、少し今自分に降りかかっている重圧やネガティブを受け止めようと思います。壊れない程度に発散できる場所が私には幸いあることに感謝をしながら…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました