【ゴルフの上達】スイングが劇的に覚醒しました。方法は”お尻をプリッ”とさせるだけ…左腰を後ろに引く最大効率スイングです

色々考えすぎていました

ゴルフをラウンドする時に、練習場でもそう。何を一番に考えますか?
・飛距離
・スイングスピード
・コントロール
・安定感etc…

色々と考えると思います。私も練習にラウンドに、マン振りしたり丁寧に振ったりしながら試すんですが、上手くいったと思ったらダメになったり、それで色々なクラブが触れなくなったり、上手くいくことが少なくなっていきます。
体の調子、天候も左右すると思います…結果それを言い訳にしてしまう自分もいます。

ということは置いておいて、簡潔にキターッ!ってなったスイングの方法を紹介したいと思います。

左腰を後ろに引くだけなんです

安定しないなぁって思っていたら、一度全て忘れてください。アドレス?トップの位置?テイクバック?グリップ?…細かい動作を全て100点にすることはプロでさえ難しいんだと思います。だからプロでも練習を怠りません。
ただ、今回はそこではないんです。たった一つの動作でスイングは完結します。それが、

左腰を後ろに引く

その動作で最大効率が生まれます。

この動作をやるとどうなるのかというと、勝手にコントロールがされて、勝手に飛距離が出るようになります。つまり、左腰を引くことで、
・ヘッドが走るようになった→ヘッドスピードが上がる
・インパクト音が強くなった→ミート率向上
・体の軸がブレなくなった
・飛球が大きく左右に出にくくなる
・腰が回るようになる

・地面反力を使っていることを実感する→飛距離が出る
これらが無意識に感じるようになりました。むしろ、今まではボールを打つために、クラブを振るためにあれこれ注意をし過ぎていましたが、左腰を後ろに引くだけで意識しなくともたくさんのメリットが生まれます。やられている方の中では実感があるかとは思いますが、とにかくフィニッシュした後に体が驚くほどにブレずに安定していることに私自身驚きがありました。

マン振り、力を入れるのは意識しなくても手元になりがちなスイングの意識を左腰を思いっきり後ろに引くことを意識するとヘッドが手で振るよりも勝手に走っていることも実感するはずです。

証拠としてインパクト音が全然違いました。

勘違いをしていた腰の使い方

これが間違いだったんです。振り子のように、『せ〜の!』って飛球方向に左腰を振ってしまうと体の軸は屈折してしまい右足もつられて体が流れることで、体調や力の入れ具合によってタイミングが毎回変わってしまう。これがたまたま上手くいってると変に感じてしまう要因だったのだと今では感じています。
せ〜のっていうところをとにかく飛球方向ではなく後ろに引いてみてください。びっくりすると思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました